前へ
次へ

法律とは人々か安全に生活できるための秩序です

法律とは人々か安全に生活できるための秩序です。
社会とは、人々が日々安心であり、安全で生活できると言うのが大前提であると言えます。
それは個人であり団体であり全てに同等であると言えます。
そして何よりも、人ひとりがその法に違反する、団体がその法に違反すると言う場合には、その違反した事柄に対して、罪として更生する事が望まれます。
そして尚も、罪として罰を与える事で、その違反した事が事実上重大な責任を負うものであると言う事を提示していると言う事になります。
人は物事に対して違反するべきではないと言う事です。
例えば家庭でもそうです親子関係でも、夫婦関係でも様々な事があります。
家庭内暴力もあれば、離婚問題などもあります。
そしてその問題を解決してくれると言うのが民事法です。
そして一旦家庭から外に出れば、まず第一に交通機関があります。
自転車を使用すれば車を使用します。
その乗り物に関しても違反してはいけないと言うルールがあります。
違反すれば法律に触れると言う事になります。

Page Top