前へ
次へ

成年後見制度で財産と権利を守る

成年後見制度とは、認知症や障害などによって判断能力が低下した人の財産と権利を守る法的な制度です。
家庭裁判所に申し立てをすることにより、成年後見人によるサポートを受けることができます。
成年後見人は、具体的には被成年後見人に代わって預貯金や不動産などの管理や契約を行います。
成年後見人は、通常は家族や親族などの近しい人や法律の専門家が担います。
法律の専門家には、弁護士をはじめ、司法書士や行政書士があげられます。
また、認知症の方や障害のある方の権利を守るという観点から、社会福祉士が成年後見人になるケースも増えています。
成年後見制度で、大切なことは成年後見人は、あくまでも判断能力が低下した本人を代理する立場であるということです。
そのため、成年後見人は本人の意思や自己決定を何よりも大切にしなければいけません。
本人の意思を無視して財産や権利を好き勝手にできるわけではなく、本人の利益を最優先することが大切です。

Page Top