前へ
次へ

法律もたまに理不尽に思ってしまう事がある

この間、車の助手席に乗っていたのですが、前にいた自転車の方が、後ろを確認せずに車線と反対側にある道へと横切りました。
ですが、運転されている方は、特に変わった様子もなく、いつもの日常的な事のように振舞っていました。
この場合は、どう考えても、相手に相当な過失がありますが、この時に交通事故をおこした場合、車であるこちら側が過失があると言われてしまいます。
ドライブレコーダーをつけていても、何故かこちらにも過失が発生してしまいます。
交差点で、信号が赤に変わったばかりのときにやたらスピードを出して、通過する車がいますが、衝突して衝突した相手が病院に運ばれて、命を落とすなんてありますが、それで懲役ですむのが法律は理不尽です。
交通事故に限らず理不尽な法律は沢山あります。
良く言われている事が、少年法に関してですね。
法で裁く側も不祥事を起こしたりしています。
やむを得ず引き起こした不祥事ではなく、明らかに過失のある不祥事が多くあります。
日本の法律がだんだんと理不尽な法律になってきました。

Page Top